円満退職に導く看護師の退職マナーとは?

看護師求人 → 看護師の退職を伝える際の注意

看護師の退職を伝える際の注意

看護師として働いているものの、どうしても今の職場で働き続けていくことができないという場合、転職という方法がありますよね。何度も転職をしているという看護師もたくさんいますが、初めての転職の際には誰でも戸惑ってしまうはずです。

転職をする際の手続きというと、新しい職場での面接や準備についてばかり考えてしまいがちですが、前の職場でも気持ち良く退職することができるよう、マナーについて考えておきましょう。 いくら辞めていく職場だからといって、引継ぎもろくにせずに退職した場合、かなり心証が悪いです。

また、場合によっては転職活動に支障が起きてしまうことも考えられるので、基本的な流れや準備はしっかり頭に入れておきたいですね。

まず、退職をすることを決めたのであれば、それを早めに上司に伝えることが大切です。上司よりも先に同僚に伝えてしまう人もいるようですが、同僚から上司へと人づてに伝えるのは、良いこととはいえません。

こういった話は先に上司の耳に入るのが正しいです。ここでいう上司とは、今自分が担当している現場の責任者のことです。どれくらい前に上司に伝えればいいのかというと、これは退職の2ヶ月前には伝えておくようにしましょう。

直前になってから伝えるとバタバタするだけでなく、場合によっては人手が足りていないから辞めないでくれと引き留められてしまうことも考えられます。

人手の足りない職場で働いている人の中には、引きとめられる可能性があるから転職先が決まったあとでギリギリの時期に上司に伝えようと思っている人もいるかもしれません。確かに、民法の規定では退職の2週間前までに申し出ればいいとされていますが、就業規則の規定と異なっている可能性も考えられるので注意しましょう。

仮に服務規程違反と判断されてしまった場合は、退職金が減額されてしまうこともあるのです。 特に正社員として働いている場合、各種手続きの関係もあるので、遅くとも退職の2か月前には伝える必要があるということを頭に入れておいたほうがいいですね。