看護師転職で成功するための面接対策!

看護師求人 → 看護師の面接で聞かれることが多い項目は?

看護師の面接で聞かれることが多い項目は?

看護師は転職率が高い仕事として知られていますが、理想の職場を探すために転職をするのは悪いことではありません。ですが、面接がうまくいかず、狙っていた職場で採用されなかったということになっては大変ですよね。

そこで、面接でよく聞かれる項目と、良い印象を与える答え方について知っておきましょう。

転職という形で新しい職場の面接を受ける場合、必ず聞かれる質問が、なぜ前の職場を辞めることになったのかという点です。実は、退職を決断する人の多くが人間関係にトラブルを抱えているのですが、これを退職理由として挙げてしまうとあまり印象がよくありません。

それから、給料に納得がいなかったという回答も避けたほうがいいですね。理想的なのは、前の職場に対する悪口を言うのではなく、新しい職場での理想を語ることです。例えば、「前の職場では学べることが尽きてしまい、キャリアアップのために転職を決意した」というような回答です。

それから、なぜ当院を転職先として選んだのか?ということもよく聞かれる質問のひとつだと言えるでしょう。履歴書にも志望動機を書く欄がありますが、それをそのまま読んでも熱意が伝わらないので、先に挙げたようにキャリアアップに関すること、これまでの経験が活かせる職場である、というような内容を入れていくといいですね。

また、看護師という仕事とどう向き合っているのかを質問されることもあります。なぜ看護師という仕事に就こうと思ったのか質問されることもありますが、これは人間性や人柄をチェックする際にも使われる質問なので、看護師を目指したきっかけだけを回答して終わらせてしまうのではなく、これまで学んできて感じたこと、今後の目標などもしっかり伝えておきましょう。

失敗してしまう人が多い質問の中に、いつから働けるか?というものが挙げられます。当然、前の職場の退職日が決まっていない場合、すぐに働けるとは答えることができないので、大体の目安を答えましょう。ここで、「まだ在籍中なのでわからない」とだけ答えてしまうと、印象が悪くなってしまいます。